ホーム > 財団概要 > 設立の経緯

設立の経緯

五代 武田長兵衞氏(武田和敬翁)六代 武田長兵衞氏武田彰郎氏

公益財団法人武田科学振興財団は、「科学技術の研究を助成振興し、科学技術思想の普及を図り、もって我が国の科学技術及び文化の向上発展に寄与する」ことを目的とし、武田薬品工業株式会社からの寄附を基金として1963 年に設立された。

当財団は、五代武田長兵衞氏の発意を受けて、1954 年六代武田長兵衞氏により始められた「武田医学賞」褒賞事業の継承に加え、科学技術に関係のある研究機関及び研究者に対する奨励金の贈呈、外国人留学者に対する研究の助成を主な事業としてきた。

その後1978 年に、図書資料館として「杏雨書屋」を開設し、武田薬品工業株式会社並びに武田家から寄贈された国宝、重要文化財を含む本草医書等の資料の永久保存と、研究者への利用の便を図る事業も併せ行うようになった。

当財団へのお問合せTEL:06-6233-6101 FAX:06-6233-6112

メールでお問合せ


トップへ