ホーム > よくあるご質問

よくあるご質問

  • 研究助成について
  • 研究助成について
  • 研究助成について
  • 研究助成について

応募について

同一年度に中学校理科教育振興奨励と高等学校理科教育振興奨励の両方に応募はできますか?

できません。全ての助成プログラムを通して、同一年度1研究者1件としております。

過去に応募し選考されなかったテーマで、本年度応募できますか?

応募できます。

昨年度に研究助成対象者となった教諭が所属する学校から、別の教諭が本年度に応募することはできますか?

昨年の助成対象研究と異なった研究内容・テーマについては応募できます。昨年助成対象となった研究および類似のテーマでの応募は遠慮ください。

「高等学校理科教育振興奨励」の応募資格について、高等学校教員およびそれに準ずる教育機関の職員とありますが、教育センターの理科担当(指導主事など)は応募することができますか?

応募できます。

高等専門学校に所属しておりますが応募できますか?

応募は遠慮ください。

トップへ

助成金について

施設として助成金の受け入れルールはありません。個人での受け入れでよいでしょうか?

施設でのルールがない場合は個人での受け入れで結構です。但し、施設の代表者の確認(押印)が必要です。

使用期限はあるのでしょうか?

特に定めておりません。

助成金はいつから使えますか?

振込次第使用いただけます。

提出期限までに収支報告をすることになっていますが、研究途中の場合はどうすればよいでしょうか?

提出期限までに使用された中間収支報告を提出していただき研究終了後に最終収支報告を提出してください。

トップへ

報告について

採択された場合は報告期限までに研究結果の報告することになっておりますが規定の様式がありますか?

様式はありません。A4版で2~3枚に纏めて報告ください。既に論文等が掲載されている場合は別冊またはコピーを送付ください。研究結果の代替とします。

報告期限で研究途中の場合はどうすればよいでしょうか?

提出期限に一度中間報告をご提出のうえ、研究終了後に最終の研究結果の報告をしてください。

トップへ

その他

研究要旨の記載は3ぺージ以内となっておりますが4ページになってもいいですか?

3ページ以内を遵守ください。

申込書一式はホッチキスどめしてよいでしょうか?

選考資料を作成するためホッチキスどめは避けてください。

申請書一式は両面印刷してよいでしょうか?

印刷は片面印刷でお願いします。

採択後に所属が変更になった場合はどうすればよいでしょうか?

財団にEメールで新しい所属名、連絡先等をお知らせください。
(メールアドレス:info@takeda-sci.or.jp)

当財団へのお問合せTEL:06-6233-6101 FAX:06-6233-6112

メールでお問合せ


トップへ