ホーム > よくあるご質問

よくあるご質問

  • 研究助成について
  • 中学校・高等学校理科教育振興奨励について
  • 外国人留学助成について
  • 海外研究留学助成について
  • 杏雨書屋について

助成区分について

留学助成(I)と留学助成(II)とは、何が異なるのですか?

留学助成(I)は、台湾、タイ、フィリピン、韓国、中国、インドネシアおよびベトナム国籍の留学研究者が対象で、これらの国では、現地に選考委員会/事務局があり、留学研究者の選考は、現地の選考委員会に一任しています。一方、その他の国籍の留学研究者に関しては、その招聘を希望する日本人研究者(メンター)が、財団に申請し、国内の選考委員会で一括選考されます。そのため、留学研究者の国籍で(I)と(II)に区分していますが、選考後の助成内容に違いはありません。

トップへ

応募について

どのような人が応募できますか?

留学助成(I)の場合、国によって応募条件が異なりますので、現地の選考委員会/事務局にお問合せ下さい。現地の連絡先についてはhttps://www.takeda-sci.or.jp/business/abroad_e.htmlの最下段に記載されています。
留学助成(II)の場合、医師資格(MD)を有するか、 医学・薬学などの医療分野の 博士号(PhD)取得者が対象で、就学(大学院を含む)目的の応募はできません。また、在日者または過去に合計1年以上の在日経験者は対象外となります。さらに、留学助成(I)、(II)ともに、日本学術振興会(JSPS)などの月額20万円を越える奨学金との併用はできません。不明な点があれば"メールでお問合せ"下さい。

応募方法について教えて下さい。

留学助成(I)の場合、現地に選考委員会/事務局がありますので、そちらへお問合せ下さい。現地の連絡先についてはhttps://www.takeda-sci.or.jp/business/abroad_e.htmlの最下段に記載されています。
留学助成(II)の場合、外国人研究者の招聘を希望する日本人研究者(メンター)より弊財団に応募申請して下さい。申請方法は"メールでお問合せ"下さい。

応募時期はいつですか。

留学助成(I)の場合、夫々に応募方法・時期が異なりますので各国の選考委員会/事務局にお問合せ下さい。
留学助成(II)の場合、毎年4月から7月中旬まで次年度の申請を受け付け、結果を9月末までにお知らせします。

トップへ

助成内容について

助成金の支給内容について教えて下さい。

各月25万円の助成金と出身国から日本までの一回往復航空券を支給します。到着空港と住まいまたは研究(研修)機関の移動には、公共交通機関の実費、タクシー利用の場合は、領収書をもとに1万円までの実費を支給します。空港からの付添サービスも必要に応じて準備可能です。帰国時分の交通費は、往路時と同額とします。住居費が月平均5万円を超える場合は、その超過額を月5万円を限度として支払います。また、研究(研修)を開始するに際して登録などの費用が派生する場合、10万円を限度に財団が負担します。本人が立替え後、財団に請求して下さい。

医療保険に加入する必要がありますか。

財団では、助成期間中、海外旅行傷害保険(疾病・傷害治療、死亡)に加入します。3ヶ月を超えて滞在する場合は別途自費で国民健康保険に加入する必要があります。

助成期間の延長は可能ですか。

当初、承認された助成期間を延長することは認められません。

トップへ

在留資格について

在留資格認定証明書は財団で申請し、取得してもらえますか。

在留資格認定証明書の申請は、原則、日本への入国を希望する外国人本人、または受入れ機関から、入国する最寄の入国管理局へ申請することになっています。留学助成(I)は、財団事務局より申請に必要な書類と申請様式を取り揃えて提供しますので、これを利用して、各受け入れ機関から申請して下さい。留学助成(II)は、各受け入れ機関で申請に必要な書類と申請様式も取り揃えて申請して下さい。

大学の規定上、研究者を「学生」として受入れなければならない場合でも承認されますか。

所定の審査のうえ承認された留学研究者であれば問題ありませんが、上記の「助成内容」以外に授業料が派生しても支払いはありません(就学目的の場合は承認されません)。

当財団へのお問合せTEL:06-6233-6101 FAX:06-6233-6112

メールでお問合せ


トップへ